よくある質問

SKシャーネットについて

柱間隔はシャーネットに合わせるのか?
原則モジュール1290又は1300の倍数(5200,6500)が望ましいです。
それ以外はシャーネットの方を柱間隔に合わせて割り付けます。
(但し野地材をカットするようになります)
原則モジュール@1300、@1290のみか?
@1300以下なら対応可能です。
ブレスは必要無いか?
斜めに掛ける事により、小屋面の水平ブレスと母屋を兼用していますので水平ブレスは不要です。
屋根形状に指定があるか?
屋根形状はどんな形状でも対応致します。
内部足場は必要は?
梁上からの作業になりますので、安全ネットとスタンション、親綱があれば足場は必要有りません。
現場での工程はどうか?
屋根面積1000m²程度でしたら、現場5日~6日程度です。
(但し鉄骨のピース数が少ないので鉄骨建て方工期が短縮出来ます。)
現場でかなりの場所が必要では無いか?
鉄骨の合掌地組み場所があれば、そこでシャーネットの地組みが出来ます。
金額的に一般工法より高くならないか?
一般母屋工法に比べ仕上げ塗装面積が少なくなりますので、全体の金額は同じ位になります。(概算見積を提出します)
構造計算はどうなるか?
物件対応で、そのつどSKの構造計算をしています。
認定品か?
認定品では有りません、そのつどSKの構造計算をしています。
梁との接合方法は?
現場溶接となります。
耐震構造として使用考えているが現場溶接で剛床扱いになりますか?
剛床扱いとなります。
鉄工所社長の今日の出来事

Copyright moriyatechno. All Rights Reserved.